読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

余生を楽しむ

社会人になると時間が無い、学生のうちに思いっきり楽しめ。

働くいろはの心構え

 

 

 

 

風邪が治ったと思い他のことも捗ると思ったら、午後まるまる暇潰しをしてしまって無駄な半日を過ごしてしまいました。

 

究極のゼミ2週目やらないといけないのに…

 

ということで、ささっと読めたのでその書評を…

 

Kindleだととても安かったので買って読んでみましたー!

冷静に考えて、ポイント還元したら実質80円とか安すぎ(¥100-20P)

知のバーゲンセールや−ー

 

Kindleの場合、スマホやパソコンでも見られるのでKindle(本体)を持ってなくても見てみるべきかと

 

この本、ささっと読めた訳なんですが…
  1. 話し言葉で読みやすい
  2. 難しい話をしていない
  3. 身近な内容で理解し易い
という感じですね。
ディズニーといえば震災の時の対応で特に注目されましたよね。
正直、ディズニー流のおもてなしについて学べるかなと思いましたが、タイトル通り『社会人として大切なこと』が書かれてます。
 
(あわよくば、ブランディングについて知りたかったですがKindle本の価格的にそれはないと薄々気付いてた)
 
社会人にとって大切なこと、当然普通の人にとってもは至って当たり前のこと。
ただ、筆者がディズニーでのアルバイトや社員として働いていた時のストーリーをもとに再度確認するという感じです。
 
気軽に読めるし、深イイってポロッと言うぐらいで済むような本でした。
 
ただ、筆者の邪推がとても共感できた僕にとっては、この教訓はしっかり肝に銘じたいと思いました。