読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

余生を楽しむ

社会人になると時間が無い、学生のうちに思いっきり楽しめ。

自分を律する強さと労る優しさ

講演資料どうなってるんだよ。


と夢で高校の先生に追い詰められて起きました(笑)
 
って、色々あるんですね(笑)
10種類くらい見つけた気がします(笑)
 
今回読んだ本は、自己啓発系ですが個人的にはとても良かったです。
 

 

 

 

スタンフォードの自分を変える教室

スタンフォードの自分を変える教室

 

 

 

 

これは、Kindleや文庫より中古の方がいいと思いました(笑)
中古にはとてもお世話になってますが、今回のは抜群に綺麗なのに1円でびっくりでした
 
この本は、「自分を変える」と言っておりますが、意志力というセルフマネジメントを取り扱っています。
 
意志力と言われても、普通は想像しにくいと思います。意志力は決心であり、モチベーションとも言えます。
 
どちらかというと、何かを①続けたい②やめたい③立ち直りたい
という、行動を起こす上で必要なことが述べられています。
 
僕が直したいと思ったのは、集中しようとしたらスマホをチラチラ見てしまうこと。
これを合理的にやめられるように説明もされてます。
 
  • この本が好きな理由

僕は自己啓発系があまり好きではないです。それこそ、意志力とか鍛えられるものだと思ってるし、教えられるものではないと思ってました。
 
ただ、この本はあらゆる研究データを用いて合理的に説明してくれます。
 
自己啓発系の解決方法の紹介って
 
そんなのやれれば苦労しないよ
そんなの毎日やれるほど暇じゃない
 
のような教祖的な解決方法ばかりな気がします。
 
しかし、この本は実験を元にした精神の原理原則を教え、解決方法も反省する時に使える信頼できる方法ばかりで取り入れたいと思います。
 
また、ただの研究データの列挙ではなく理解し易い作りになってたので、科学的にとても理解し易い内容でした。
 
..............................................................................................
 
最近、脳科学や哲学などの本も読みたいと思い始めてきてます。
目に見えないけれど説明されたら、あるあると納得できるよつな感覚がとても面白いです。
 
実態のない噂ばかりのゴシップネタと似た感覚でとても関心があるって話です(笑)
 
ほんまでっかTVの澤口さんのお話は大好きですので、脳科学に対してはもう少し深めたいと思います。