読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

余生を楽しむ

社会人になると時間が無い、学生のうちに思いっきり楽しめ。

余生が終わる

ついに3月31日になってしまった。明日から社会人になる。

 
今まで恐れていた余生の終点Xデーの日だ。

ブログを書き始めてから

 
このブログを書き始めた12月18日から103日、この103日間はブログを書く前と比べ大きく変わることが出来た。
 
それは、自分のモチベーションを下げさせないことだ。
 
僕は「無理すればイケる」高めの目標を設定している。そして、いつも6割7割ぐらいの所で終わり、自分の中では妥当に終わる。
 
しかし、今回の入社までにしたいことの計画は9割は達成できたと思う。
 
そして、このブログを書き始めてからの95日とともに、余生の計画の達成度を確認したいと思う。
 

①自己研鑽の計画

 
自己研鑽として、読書と資格を頑張ることにした。
 
資格は毎月取る計画でいた。つまり1ヶ月の半分ほどは資格勉強に費やす予定であった。
 
9月    FP2級  
 
11月は簿記2級落ちてしまった。3月は計画では銀行業務検定だったのだが、内定先で不要と判明したため証券アナリストの勉強をする予定だった。しかし、証券アナリストの勉強は想像以上に捗っていないため、計画の達成の9割という所である。
 
読書目標は1年間に100冊を掲げていたが、3月も含め90冊ぐらい達成した。
 
数値上は計画通り満点ぐらい与えたい
しかし、数をこなすことがメインになってしまったのではないか思う。別に分厚い本や専門書を読む必要があったとは言わないが、Amazonで値段で判断して購入するというのが本末転倒しているなぁと途中から感じていた。
みんなが読むべき名作は値段が落ちないのである…
 

有意義な時間の準備

 
残り少ない貴重な時間を有意義に過ごすために、バイトは極力しないようにした。
 
この方針転換は10月から計画し始めた。
 
 
バイトは3月31日までに最低限必要な資金と4月の生活費を計算して、それと帳尻が合う所まで稼いだ。
 
今までの貯金や就職祝いも全て大学生のうちに使い果たすことにした。そして、必要資金は残り25万円だった。
 
10月に3週間の国勢調査の力仕事で15万円
続けていたデスクワークで5日間5万円
資格の報酬金として4個取得して5万円(TOEICは2万)
 
必要資金25万円は20日ほどバイトすれば入手することが出来た。
 

有意義に楽しむ計画

学生生活を有意義にさせるものは何か、と考えた時に旅行だと自分の中で決まった。
 
社会人になると
 
まとまって休みをとることが出来ない
友達と予定を合わせずらい
 
ということが理由だ。
 
余生では、卒業旅行として毎回違うメンバーで行った。
 
11月 インターン友達で仙台
12月 ゼミの友達と四国1周
1月   入学当初からの友達とベトナム
2月   サークルの友達とイタリア
3月   高校の友達と鬼怒川
         大会チームでニューヨーク
 
全部違うメンツで行ったのは面白かった。自分の立ち位置って、コミュニティによって違うことも実感した。
 
別にどれが自分を装ってるとかということではなく、周りの環境によって自分が変わっていったのだと思う。でも、どこでも変わらない自分らしさがあったの確か。
 
 
そういえば、10月11月は大学も力を入れていたので、色々な人の講演を聞きに行っていたこともした。
 
小泉元総理
三井物産の会長 飯島彰己さん
大ファンの一橋大学院教授 楠木建さん
 
などなど…ビズリーチの南さんの話も聞いたりしたなぁ
 
日本電産の永守さんの講演に行きそびれたのは失敗したなぁと思いました。
ただ、有名人の話は社会人になっても金さえ積めば聴けることに気付いてからやめました(笑)
 
............................................................................................................
 

ブログを書き続けること

 
ブログは100個記事を投稿するまで毎日書いていた。しかし、100個書き上げてから毎日上げることをやめた。自分の中で何か目標を達成したと思ったからだ。
 
読書もそうだが、このブログも地道に毎日続けられる能力を伸ばす一環でやっていた。
それは、短期集中型で究極の三日坊主な自分にとって苦手な能力と対峙することである。
 
ブログを書くにあたり、毎回今日の起こったことや、考えたことを振り返えって自分なりに記事を書いていた。薄い内容にならないように1000字を超える記事の内容を考えていた。
 
 
そして、ブログが100記事達成し、ニューヨークから帰ってきてからの10日間
 
 
何かまとまったプロジェクトを決心した時に宣言したり、思いついたことがあったら書こうというふうになった。
 
しかし、自分がやるべき事が毎日タスクという名の計画を立てることをやめ、毎日が水のように流れていった。
 
自分の余生を楽しむ軌跡を残すために、書いていたブログがいつの間にか、余生を楽しむために必要不可欠なものになっていった。
 
そう実感した10日間だった。

142回 簿記2級 合格発表

簿記2級の結果報告が先ほど郵送されました!

東京商工会議所での申し込みのため、4月1日に郵送予定ということになっていました。


結果は………


f:id:girugamerian:20160331201904j:image


合格でした!


合格率が16.5%ということで、20%前後と読んでましたが、予想より若干低かったですね。

次回も同じくらいの難易度と思うので、頑張りましょう!


合格証はこんな感じに…

f:id:girugamerian:20160331201442j:image

ちなみに、入社式からすぐに研修所へ連行されるので、4月1日の入社式に提出できないと思っていましたが滑り込みセーフとなりました(笑)

実は内定者面談で、入社前までに簿記2級を取得予定と書いていたので内心ホッとしてます(笑)

不合格の時は小さい封筒が来たのを鮮明に覚えていたので、今回は大きい封筒で郵送されて合格を確信しました(笑)


生物学的に猫は優れてる

今週のお題「犬派? 猫派?」

f:id:girugamerian:20160330120003j:image

ネコって体臭少ないのいいですよねー

この体臭を放つということが、あまりいい気持ちがしない。

 

匂い的な問題ではありません。

 

体臭放つ動物って、自分が狩る側で狩られるということを知らないんですよね。

僕にはそれが無防備な奴にしか思えない。

自分の立ち位置を知らずに追われるものではなく、追うものだと勘違いしている。パッと周りを見渡せば、自分はちっぽけなのにと…

 

そして、背骨が柔軟ではないのって明らかな欠点な気もしてます。生物学的に犬って劣ってるんじゃないかということも個人的には…

 

しかし、僕自身は犬か猫かと言うと犬です(笑)

なにか、自分と重なるところがあるのかもしれません。同族嫌悪的な…

 

逆に猫みたいな人に憧れ(目標)にしているのも事実

自分に謙虚になれる人やどのような状況にも柔軟に対応できる人を目指してたり…

 

猫という生き物に敬意を払うという意味で、猫派

オリンピックに向けた観光戦略

 
2020年東京オリンピックに向けて様々な動きがあります。
 
しかし、課題は山積み…そして観光客への課題解決が優先されるべきだと思います。
 
f:id:girugamerian:20160329155337j:image
 
大量の観光客をどのように対応していくか
 
それは、(落し物を盗まないなど)信頼されている日本人が対応していくことが最善な解決方法だと思います。
 
その最善な問題解決を実現させようというのが下記の取り組み。
 
 
良い社会活動へ投資することがREADYFORの活動であり、この活動は最たる例なのではと思いました。
 
............................................................................................................
 
実際問題、オリンピックが開催されることは間違いないので、開催された場合に起こる問題を取り上げていくべきだというのが僕の考え。
 
国立競技場のお金がどうだのも、建てられれば最悪の状況は回避できるからある程度解決されているのでは、ということ
 
それよりも、オリンピックが開催された場合に起こりうる問題。
Domesticな課題(国内×国民)は、あとあと負荷がかかるとは思いますが先進国ニッポンとして基盤が整っているため解決されることだと思います。
それよりも、対外的な問題(国内×外国人)が解決すべき問題であると思います。つまり、外国人観光客への対応準備、それはハード(施設)しかりソフト(文化•コミュニケーション)でも挙げられる。
 
 
ハードな問題は、民泊(宿泊)や白タク(移動)を認可すべきと思う。(白タクという言い方に語弊があるかもしれませんが)
フリーWiFiも拡充するべき
島国だから来てもらうだけでお金がかかる。来てもらったら、なんでも整ってるぐらい旅先での生活に不安のないようにするべき
 
 
しかし、ソフトな問題は致命的。
正直、日本は世界から見て異常(異端)な国だと思います。タトゥー、ゴミ箱の少なさ、喫煙者の滅殺文化などなど…
関東のエスカレーターだけが左から待ちも異様に受けられるでしょう。
 
そして、言語は致命的。
帰国する度に、空港のスタッフすらも全員が英語を話せる状態じゃないことに危機感を感じてしまう。
 
実は英語を聞き取れないと何も始まらない…
スマホで伝えることは出来ても、聞き取れないと始まらない。
 
オリンピックの時にはボランティアスタッフとしてでも、観光客外国人に対して何か助けにならないといけないと思っています。
 

イタリア旅行 ヴェネチア


ワンピース  ウォーターセブンの世界

まずは、海列車(電車)
f:id:girugamerian:20160329000208j:image
ここがヴェネチアで一番良かったのかも知れない(笑)

f:id:girugamerian:20160329000633j:image
ヴェネチアにある広場。
じつは、ニューヨークでも見ることに(笑)
f:id:girugamerian:20160329001037j:image

そして、ゴンドラ
f:id:girugamerian:20160329001107j:image
f:id:girugamerian:20160329001130j:image
ベネチアで名物であり、このために来たと言っても過言ではない乗り物ですねー

6人乗りで、1隻あたりでお金を取るので2人で乗ると高いですね(笑)

正直、ヴェネチアは観光が少ない。そのため、観光スポットよりも観光客目当てのお店の方が目立ちすぎてしまっていた印象。
ベネチアフィレンツェから日帰り旅行にしても良かったです(笑)

f:id:girugamerian:20160329001539j:image
ちなみに、パスタで4000円取られました(笑)
味は65点…

ヴェネチアにいい思い出が少なすぎたーーー(チクショウ)

イタリア旅行 フィレンツェ

  • 3日目
中央市
f:id:girugamerian:20160328234508j:image
ご飯が安くて旨い。年中無休で夜遅くまでやってます。無料のWiFiもあり、最高です。

f:id:girugamerian:20160328234643j:image
夜のフィオレンティーナの試合のために、グッツを購入。ロングタオルとシャツを買いました。

サン•ロレンツォ教会
f:id:girugamerian:20160328234701j:image
とりあえず、一休みする場所。それが教会

ヴェッキオ宮
f:id:girugamerian:20160328234746j:image
ウィフィッツ美術館だと思って入ってしまった場所。最後の最後に気付きました…入場料も同じくらい高いという。
f:id:girugamerian:20160328234934j:image
これくらい。

  • 4日目
ウィフィッツ美術館
f:id:girugamerian:20160328234958j:image
f:id:girugamerian:20160328235017j:image
名画が揃うウィフィッツ美術館。入場するのに3時間待ち、3時間見学。本当はピサに行く予定が崩壊…

ドゥオモ
f:id:girugamerian:20160328235302j:image
綺麗でしたなー色々白い建築物がありましたが、ローマのドゥオモが一番綺麗でしたなー

そして、高台から見たフィレンツェの景色
f:id:girugamerian:20160328235526j:image
まるでティラミスような街並み

サンタ•クローチェ協会
f:id:girugamerian:20160328235706j:image


そして、フィオレンティーナの試合を見ました。
f:id:girugamerian:20160328235759j:image

サッカーが熱すぎた Fiorentina Inter - 余生を楽しむ

イタリア旅行 ローマ


  • 1日目
サンピエトロ大聖堂
f:id:girugamerian:20160328230522j:image
ローマから電車で1時間もかからない所にあるバチカン市国。僕は教会が大好きで色々周りましたが、やはり1番すごかった。

サンタンジェロ城
f:id:girugamerian:20160328230549j:image
日没ポイントがこの時間(18時手間)で、いい写真が取れました。

f:id:girugamerian:20160328230611j:image
日時計があるという事で行きましたが、肝心の時計盤が分からなかったので残念。ここも教会みたいなものなので、入場料はかかりません笑

トレビの泉
f:id:girugamerian:20160328230648j:image
f:id:girugamerian:20160328230710j:image
改装してまもないトレビの泉!光り輝いてました。1番良かった場所ですね。

スペイン広場
f:id:girugamerian:20160328230731j:image
改装中で景色が良くないということ&ミサンガおじさん(スリ•ボッタクリ)が多いときいてたので、最後の最後にチラ見(笑)

上からの景色は良かったです
f:id:girugamerian:20160328230942j:image

  • 2日目

f:id:girugamerian:20160328231658j:image
コロッセオに行くオマケのように置いてありましたが、僕の中では1番興味のあった所
日本史選択だったので、コンスタンティヌスぐらいまでしか勉強してなかったため(笑)

真実の口
f:id:girugamerian:20160328232131j:image
手を突っ込むために並ぶ観光客しかこないような行列があったため、萎えて脇からパシャリ(笑)

f:id:girugamerian:20160328232615j:image
コロッセオ行くついでにある、昔の街並。色々な都市機能がここの中につまっていました。

f:id:girugamerian:20160328232712j:image
友達は期待していたけど、そうでもなかった所

f:id:girugamerian:20160328232825j:image
コロッセオは良かったです。ここで奴隷を戦わせていたと考えると、すごいというより無残な場所のイメージが焼き付きました。

ポポロ広場
f:id:girugamerian:20160328233535j:image
ちなみに真ん中にあるのはオベリスクという建築物。偉大な人が奉られてる標識(死体のない墓石)のようなもの

サンタ•マリア•デッラ•ヴィクトリア教会
普通の教会ですが、中が豪華で有名だとか…

サンタ•マリア•マッジョーレ教会
f:id:girugamerian:20160328233929j:image
ここはサンピエトロ教会よりは有名じゃなくても、ローマの中では屈指の教会。巨大で豪華絢爛、しかも礼拝を行っててとても良かったです。